【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたのイメージ画像

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみた


AfterEffects

blender2.8でモデリングしてアニメーションをつけたピカチュウに、AfterEffectsで電撃のエフェクトを追加してみたので、操作の流れをメモしておきます。

【blender2.81】ピカチュウをモデリング、アニメーションしてみた一連の流れはこちら

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像1

まずは、新規コンポジションを作成して、元の動画を読み込みます。今回はピカチュウの動画をblender2.8で作成しました。編集前はこんな感じです。

稲妻エフェクトを作る

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像2

[レイヤー]>[新規]>[平面…]から真っ黒に設定して[ブラック平面]を作成します。

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像3

[ブラック平面]を選択した状態で[エフェクト]>[描画]>[稲妻(高度)]を選択

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像4

稲妻が追加されました。

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像5

稲妻エフェクトの設定をいじっていきます。

サンプルの動画では[原点]、[方向]、[伝道状況]、[コアの半径]にキーフレームを打って操作しています。

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像5-2

[エキスパート設定]でより細かい設定も可能です。

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像6

この時点でこんな感じです。

ここまでの操作は、【電撃エフェクト】Ae標準エフェクト「稲妻」の使い方 – アフターエフェクト – After Effects CC – ごろを / GORO Filmを参考にさせていただきました。

周りをチラつかせる

次に電撃に合わせて周りが光っているように見せます。

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像7

[レイヤー]>[新規]>[平面…]から電撃の反射っぽい色の平面を作成します。

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像8

作成した平面に楕円のマスクを作成して[反転]にチェックを入れ、[描画モード]と[マスク境界のぼかし]を調整します。

【AfterEffects】ピカチュウに電撃エフェクトを追加して技を出してみたの画像9

あとはチラついて見えるように不透明度を調整して、エクスプレッションの[loopOut]をつけてリピートさせたら、光りそうな場所に配置して完成です。

ここまでの操作は1分で使えるアフターエフェクト万能技04:光の揺らぎを参考にしました。

Related article

「AfterEffects」の関連記事

Comment

コメント

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。