【blender2.8】objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法のイメージ画像

【blender2.8】objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法


blender2.8

blender2.8でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法です。 特に難しい操作はないですが、blenderでつくったモデルをAdobeDimensionに読み込んで遊ぶと割と楽しかったので一応記事にしておきます。

blenderでobjを書き出す

objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法の画像1

[ファイル]>[エクスポート]>[Wavefront(.obj)]を選択。

objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法の画像2

フォルダと名前を入力したら、特に設定を変えずに[OBjをエクスポート]を選択して書き出します。

Adobe Dimensionでobjを読み込む

objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法の画像3

Adobe Dimensionを立ち上げたら[新規作成]をクリック。

objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法の画像4

画面左上の[+]をクリック。

objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法の画像5

[コンテンツを読み込み]をクリック。

objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法の画像6

[3Dモデル]をクリックして、先ほど書き出したobjファイルを読み込みます。

objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法の画像7

読み込めました。

[st-kaiwa5 r]これ誰でもわかるんじゃね?[/st-kaiwa5]

[st-kaiwa1]やっぱり記事にするほどの内容じゃなかったですね。[/st-kaiwa1]

objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法の画像8

Adobe Dimensionはよくも悪くも機能が絞られているので、[ツアー]をみると大体の基本操作は分かりました。

サンプル画像

仕事で使う場面が来るかは微妙ですが、直感的に操作できるのでいじってて楽しかったです。

Related article

「blender2.8」の関連記事

Comment

コメント

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。