テクスチャペイントの手順のイメージ画像

【blender2.81】テクスチャペイントの使用方法


blender2.8

blender2.81でメモしておきたい操作方法を記事にして残しています。今回は、テクスチャペイントの使用方法についてです。

オブジェクトにテクスチャを適用する

テクスチャペイントの手順のイメージ画像1

まずは画面上部のタブから[Texture Paint ]にウィンドウを切り替えます。

テクスチャペイントの手順のイメージ画像2

[画像]>[新規]から新規画像を作成します。(名前、大きさは任意です)

次に、この画像をオブジェクトに適用させます。

テクスチャペイントの手順のイメージ画像3

画面上部のタブから[Shading]にウィンドウを切り替えます。

テクスチャペイントの手順のイメージ画像4

アクティブツリーで[Shift + a]>[テクスチャ]>[画像テクスチャ]を選択してノードを追加します。

テクスチャペイントの手順のイメージ画像6

[画像テクスチャ]の[カラー]と、[プリンシプルBSDF]の[ベースカラー]をつないで、[画像テクスチャ]の画像に[先ほど作成したテクスチャの名前]を指定します。

テクスチャペイントの手順のイメージ画像7

画面上部のタブから[Texture Paint ]にウィンドウを切り替えると、オブジェクトにテキスチャが適用されています。

テクスチャペイントの手順のイメージ画像8

[画像]>[名前をつけて保存]から画像を保存します。これでペイントできるようになりました。

ペイントする

テクスチャペイントの手順のイメージ画像9

[n]でアクティブツールを表示することができ流ので、設定を変更しつつ、ペイントします。

参考にした動画

Related article

「blender2.8」の関連記事

Comment

コメント

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。