【blender2.81】カメラの焦点を操作しやすくする方法のイメージ画像

【blender2.8】カメラの焦点を操作しやすくする方法


blender2.8

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、カメラの焦点を操作しやすくする方法です。この設定で簡単にカメラの焦点を操作することができます。

カメラの焦点を操作しやすくする方法

【blender2.81】カメラの焦点を操作しやすくする方法の画像1

まずはカメラを選択した状態で、[オブジェクトデータプロパティ]から[被写界深度]にチェックを入れて焦点を有効にします。

※[焦点オブジェクト]に被写体を設定することでそのオブフェクトに焦点を合わせることができますが、それだとアニメーション中に焦点を動かせないので、今回は透明なオブジェクトに適用します。

【blender2.81】カメラの焦点を操作しやすくする方法の画像2

[Shift + a]から[エンプティ]>[球]を選択します。

【blender2.81】カメラの焦点を操作しやすくする方法の画像3

追加されたエンプティのサイズと位置(焦点を当てたい場所)を調整します。

【blender2.81】カメラの焦点を操作しやすくする方法の画像4

[焦点オブジェクト]に[エンプティ]を設定します。(エンプティの名前はわかりやすいように変更した方が良いかもしれません)

【blender2.81】カメラの焦点を操作しやすくする方法の画像5

これで焦点の位置を自由に操作できるようになりました。(ぼけ足は[絞り]の[F値]で変更できます)

使用例

【blender2.81】カメラの向きをオブジェクトに固定する方法(トラック)と合わせることで、カメラの焦点と向きの操作が楽になります。

【blender2.81】ピカチュウをモデリング、アニメーションしてみた一連の流れ

参考にした動画

Related article

「blender2.8」の関連記事

Comment

コメント

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。