パスに沿ってParticularを動かす方法|AfterEffectsのイメージ画像

AfterEffects

【AfterEffects】パスに沿ってParticularを動かす方法

パスに沿ってParticularを動かす方法|AfterEffectsのイメージ画像

Flash backのセールで、Trapcode Particular 4を購入しましたので、基本から少しづつ勉強していこうと思います。

Trapcode Particular 4の購入はこちら(たまにセールをしてるのでそのときを狙った方がお得です)

Do
いままでCC Particle World(標準機能)で頑張ってきたけど、遂に購入できました!
Particularが活躍しそうなクリスマス系の案件はもう全部終わってもうたけどな
baku
おねえさん
今回紹介するパスに沿ったアニメーションはParticularじゃなくてもできるわよ♪
きれいですね〜
こうじょうちょう

Step1:準備

まずは、コンポジション(1080dpi 29.7fps)を作成。

[レイヤー]>[新規]>[平面]からブラック平面を作成します。

Do
ここまでの作業で不安がある方は[初心者向け]AfterEffectsでコンポジションに平面を作るまでを参照してください

名前はなんでもいいですが、今回はコンポジション=「path_animation」ブラック平面=「particular01」と名付けました。

Step2:Particularを適用

平面を作成できたら、[エフェクト&プリセット]ウィンドウで [par]と検索して[Particular]を見つけます。

Particularを適用するイメージ画像

[Particular]が見つかったら平面レイヤーまでドラッグ

タイムラインを動かして適用されたかを確認します。

Particularを適用するイメージ画像

おねえさん
Particularがない人は[CC Particle World]で試してみてね

Step3:パスを書く

ここで一旦Particularは置いておいて、動かすためのパスを描いていきます。

Step1同様プラック平面を作成。(ここでは[path]と名付けました)

平面レイヤー(path)を選択した状態で、[ペンツール]を選択して、Particularを動かしたい導線を描いてマスクを作成します。

Particularを動かすためのパスのイメージ画像

Step4:ヌルに位置のパスを適用する

マスクを作成できたら、

メニューバーの[レイヤー]>[新規]>[ヌルオブジェクト]から[ヌル]を作成します。

続いて[平面レイヤー(path)]の>を開いていき、[マスクパス]を選択。

メニューバーの[編集]>[コピー]からコピーを実行。

マスクパスを選択した画像

続いて[ヌル]の>を開いていき、[位置]を選択。

メニューバーの[編集]>[ペースト]からペースト。

ヌルにパスをペーストするイメージ画像

これで[ヌル]にパスに沿った2秒間のアニメーションがつきました。

Do
[ヌル]に一旦アニメーションを適応させることで、後々管理しやすくなります
そもそも[ヌル]ってなんやねん
baku

Step5:Particularとヌルの位置をリンクさせる

いよいよParticlarを動かします。

Particlerを適用した[平面(particular01)]を一番上に移動して>を開けていき[Position]を見つけます。

ヌルの[位置]のグルグルを[平面(particular01)]のグルグルへ引っ張っていきリンクさせます。

ヌルとパーディクルの位置をリンクしてる画像

Particularのエフェクトメニューありすぎやろ!英語やし...
baku

Particularが動いてるイメージ画像

これでデフォルトの設定でParticularがパスに沿って動いたはずです。

パスアニメーションの細かい調整は[ヌル]レイヤーの[位置]を動かして行います。

 

Step6:Particularをカスタマイズする

最後にParticlarの効果の変更ですが、筆者もまだ勉強中なので、今回はプリセットから選択しました。

[エフェクトコントロール]ウィンドウから [Designer]をクリック

Particularのプリセットの選択方法のイメージ1

すると、Particlarをカスタマイズできるウィンドウが立ち上がるので、左上の[PRESETS]から、ある程度出来上がったプリセットがいろいろ選べます。

Particularのプリセットの選択方法のイメージ2

気に入ったプリセットがあれば右下の[Apply]をクリックします。

Do
筆者は[Liquid Gold]と[Purple Vapor Trail]のプリセットが気に入りました
これだけで2時間ぐらい遊んでたもんな
baku
きれいですね〜
こうじょうちょう

最後に

今回はポイントから発生するパーティクルを動かしましたが、雪や落ち葉を落としたり、床に粒子を這わしたりと、やってみたいことは他にもたくさんあるので、少しづつ挑戦していこうと思います。

「After Effects」に関するその他の記事

【AfterEffects】実写をトラッキングしてシェイプアニメーションを合成する方法のイメージ画像

AfterEffects

2020/1/13

【AfterEffects】実写をトラッキングしてシェイプアニメーションを合成する方法

AfterEffectsの勉強に活用させていただいたチュートリアルの紹介と、勉強になった点のメモを残していきます。 チュートリアルのご紹介勉強になった点最後に「After Effects」に関するその他の記事 チュートリアルのご紹介 今回はダストマンTipsさんの「実写×シェイプアニメーション!さらざんまいのED映像の作り方【After Effects チュートリアル】」で学ばせていただきました。 田島太雄さんが作成した「さらざんまいのED」風ですね!がか Do実際に作成してみた動画がこちら これは神戸の ...

ReadMore

Particularで3D空間にキラキラを飛ばす方法|AfterEffectsのイメージ画像

AfterEffects

2020/1/23

【AfterEffects】Particularで3D空間にキラキラを飛ばす方法

AfterEffectsの勉強に活用させていただいたチュートリアルの紹介と、勉強になった点のメモを残していきます。 Do有料プラグインのParticularとOpticalFlaresを使用します。 チュートリアルのご紹介勉強になった点最後に「After Effects」に関するその他の記事 チュートリアルのご紹介 今回はTORAERA DOUGAさんの「【After Effects】パーティクルを3D空間で思い通りに飛ばす軌道の作り方【Particular】」で学ばせていただきました。 クリスマスに大活 ...

ReadMore

Particularで床を作る方法|AfterEffectsのイメージ画像

AfterEffects

2020/1/13

【AfterEffects】Particularで床を作る方法

AfterEffectsの勉強に活用させていただいたチュートリアルの紹介と、勉強になった点のメモを残していきます。 Do今回は有料プラグインの[Particular]と[OpticalFlares]を使用します 学びやすい時代になったものだしゃちょう チュートリアルのご紹介勉強になった点最後に「After Effects」に関するその他の記事 チュートリアルのご紹介 AfterEffectsを勉強されているなら既にご存知の方も多いと思いますが、今回はTORAERA DOUGAさんのチュートリアルを参考にさ ...

ReadMore

[初心者向け]AfterEffectsでコンポジションに平面を作るまでのイメージ画像

AfterEffects

2020/1/13

【AfterEffects】[初心者]コンポジションに平面を作るまで

わざわざ記事にすることでもないかもしれませんが、何度も行う作業を毎回端折るのも不親切な気がするので、まとめておきます。 「はしょる」は「端折る」と書くんですねこうじょうちょう STEP1:コンポジションを作成するSTEP2:ブラック平面を作成する「After Effects」に関するその他の記事 STEP1:コンポジションを作成する AfterEffectsを開いたら[プロジェクト]ウィンドウを右クリックして[新規コンポジション...]をクリック もしくは[コンポジション]ウィンドウから[新規コンポジショ ...

ReadMore

パスに沿ってParticularを動かす方法|AfterEffectsのイメージ画像

AfterEffects

2020/1/21

【AfterEffects】パスに沿ってParticularを動かす方法

Flash backのセールで、Trapcode Particular 4を購入しましたので、基本から少しづつ勉強していこうと思います。 Trapcode Particular 4の購入はこちら(たまにセールをしてるのでそのときを狙った方がお得です) DoいままでCC Particle World(標準機能)で頑張ってきたけど、遂に購入できました! Particularが活躍しそうなクリスマス系の案件はもう全部終わってもうたけどなbaku おねえさん今回紹介するパスに沿ったアニメーションはParticul ...

ReadMore

「Aftereffects」の記事一覧はこちら

  • この記事を書いた人

Ryo Endo

bakuDESIGN+代表。 フリーランスのデザイナー・映像クリエイターとして大阪を中心に活動。

-AfterEffects
-

Copyright© bakuBLOG+ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.