【blender2.81】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法のイメージ画像

【blender2.8】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法


blender2.8

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法です。

テクスチャの準備

【blender2.81】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法の画像1

設定方法の前に今回使用するテクスチャについて、今回の記事ではPOLIIGONというサイトのフリー素材のテクスチャを使用しています。テクスチャだけでなくノーマルマップも一緒にダウンロードできるので便利です。(無料会員登録が必要です)

平面にテクスチャを設定する方法

【blender2.81】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法の画像2

まずは[Shift + a]から[平面]を作成して、回転(r)と移動(g)で配置します。

【blender2.81】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法の画像3

次に、画面上部のタブから[Shading]に画面を切り替えます。

【blender2.81】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法の画像4

[Shift + a]>[テクスチャ]>[画像テクスチャ]を追加。フォルダのアイコンから設定したい画像を選択します。

[画像テクスチャ]の[カラー]と[プリシンプルBSDF]のベースカラーを繋ぎます。

【blender2.81】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法の画像5

これでテクスチャが反映されました。しかし模様が大きすぎて、ピカチュウがミニチュアになってしまっているので、テクスチャの大きさを調整します。

平面に設定したテクスチャのサイズを調整する方法

【blender2.81】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法の画像6

[Shift + a]>[ベクトル]>[マッピング]を追加して、[マッピング]の[ベクトル]と、[画像テクスチャ]の[ベクトル]を繋ぎ、[Shift + a]>[入力]>[テクスチャ座標]を追加して、[テクスチャ座標]の[UV]と、[マッピング]の[ベクトル]を繋ぎます。

あとは[マッピング]の[拡大縮小]の値を調整したら完了です。

【blender2.81】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法の画像7

【blender2.81】ピカチュウをモデリング、アニメーションしてみた一連の流れはこちら

Related article

「blender2.8」の関連記事

Comment

コメント

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。