【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法のイメージ画像

blender2.81 Illustrator

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法のイメージ画像

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、aiデータを取り込んで立体にする方法です。

Illustratorでsvg画像を書き出す

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像1

まずはIllustratorで[ファイル]>[別名で保存]から、[ファイル形式]を[SVG]にして保存します。

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像2

今回はbakuのロゴを使用しました。サンプルデータをアップしているので、必要な方はダウンロードしてください。

blenderでインポートする

次にblenderを立ち上げます。

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像3

最初に配置されている立方体のオブジェクトを選択して[x]キーで削除します。【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像4[ファイル]>[インポート]>[Scalable Vector Graphics(.svg)]を選択。

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像5

先ほど保存したsvgファイルを選択して[SVGインポート]をクリック。

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像6

ちっさ!!いですがSVGをインポートできました。

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像7

パスのデータも維持されています。簡単な操作だと[カーブ]のまま編集することもできますが、[メッシュ]に変更した方が使い勝手が良いので変更します。

※今回のロゴのようにパスが分かれている場合は、全て選択して[command + j]で一つのオブジェクトにした方が編集しやすくなります。

カーブをメッシュにする

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像8

オブジェクトを選択した状態で[オブジェクト]>[変換]>[カーブ/メタ/サーフェス/テキストからメッシュ]を選択してメッシュに変換します。

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像9

少しブサイクですがメッシュに変換することができました。あとは[e]キーで押し出したり、[r]キーで回転させたりマテリアルをつけたり...自由に編集できます。

補足

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法の画像10

今回svgを読み込んだ際、オブジェクトの原点がずれていたので、そんな場合は[オブジェクト]>[原点を設定]>[ジオメトリを原点へ移動]などで原点を移動できます。

【blender2.81】レンダリング画像からノイズをなくす方法(デノイズ)はこちら

【blender2.81】レンダリングした画像を保存する方法はこちら

【blender2.81】AR用にglTFで書き出す(エクスポートする)方法はこちら

「blender」に関するその他の記事

【blender2.8】objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法のイメージ画像

blender2.81

2020/2/18

【blender2.8】objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法

blender2.8でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法です。 特に難しい操作はないですが、blenderでつくったモデルをAdobeDimensionに読み込んで遊ぶと割と楽しかったので一応記事にしておきます。 blenderでobjを書き出すAdobe Dimensionでobjを読み込む「blender」に関するその他の記事 blenderでobjを書き出す [ファイル]>[エクスポート]>[Wavefront(.obj ...

ReadMore

【blender2.8】パスに沿って走らせる方法(パスアニメーション)のイメージ画像

blender2.81

2020/2/17

【blender2.8】パスに沿って走らせる方法(パスアニメーション)

blender2.8でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、作成したモデルをパスに沿って移動させる方法です。 走る(歩く)アニメーションをつけるアニメーションをループさせるパスに沿って移動させるキーフレーム補間の調整自由な曲線を引く場合「blender」に関するその他の記事 走る(歩く)アニメーションをつける 走るアニメーションをつけたモデルを用意します。Yonaoshi3Dさんの「#10 天使のBlender2.8入門 アニメーションを作ろう!!」を参考に作成しました。この工程も紹介する ...

ReadMore

【blender2.81】モーショントラッキングして実写合成する方法のイメージ画像

blender2.81

2020/2/14

【blender2.8】モーショントラッキングして実写合成する方法

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、モーショントラッキングして実写合成する方法です。 ※上の動画ではピカチュウが走っていますが、この記事ではモーショントラッキングして書き出せる状態にするまでの操作をメモしています。 まずは画面上部のタブから[Motion Tracking]を選択して画面を切り替えます。標準では表示されていないので[+] > [VFX] > [Mothion Tracking]と選択します。 [Mothion Tracking]の画面が ...

ReadMore

【blender2.81】AR用にglTFで書き出す(エクスポートする)方法のイメージ画像

blender2.81

2020/1/21

【blender2.81】AR用にglTFで書き出す(エクスポートする)方法

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、AR用にglTFで書き出す(エクスポートする)方法です。ロゴなどのベクターデータなどをglTFにしたい方は【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法をご参照ください。 AR用にglTFで書き出す(エクスポートする)方法 [ファイル]>[エクスポート]>[glTF2.0(.glb/.gltf)]を選択します。 すると[Blenderファイルビュー]が立ち上がるので、保存するフォルダを選択して、[フォーマット]を ...

ReadMore

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法のイメージ画像

blender2.81 Illustrator

2020/1/21

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、aiデータを取り込んで立体にする方法です。 Illustratorでsvg画像を書き出すblenderでインポートするカーブをメッシュにする補足「blender」に関するその他の記事 Illustratorでsvg画像を書き出す まずはIllustratorで[ファイル]>[別名で保存]から、[ファイル形式]を[SVG]にして保存します。 今回はbakuのロゴを使用しました。サンプルデータをアップしているので、必要な方はダウンロ ...

ReadMore

「blender」の記事一覧はこちら

  • この記事を書いた人

Ryo Endo

bakuDESIGN+代表。 フリーランスのデザイナー・映像クリエイターとして大阪を中心に活動。

-blender2.81, Illustrator
-, , ,

Copyright© bakuBLOG+ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.