【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法のイメージ画像

blender2.81

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法のイメージ画像

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法です。

ノーマルマップの準備

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像1

設定方法の前に今回使用するノーマルマップについて、今回の記事ではPOLIIGONというサイトのフリー素材のノーマルマップを使用しています。(無料会員登録が必要です)

ノーマルマップの設定方法

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像2

まずは[Shift + a]から[平面]を作成して、回転(r)と移動(g)で配置します。

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像3

次に、画面上部のタブから[Shading]に画面を切り替えます。今回は壁にノーマルマップを適用します。

(床の画像の設定については、【blender2.81】平面にテクスチャを設定してサイズを調整する方法をご参照ください。)

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像4

[Shift + a]>[ベクトル]>[ノーマルマッピング]を追加。[プリンシブルBSDF]と[ノーマル]を繋ぎます。

[Shift + a]>[テクスチャ]>[画像テクスチャ]を追加。フォルダのアイコンから設定したい画像を選択します。

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像5

ノーマルマップの場合は[画像テクスチャ]の[色空間]を[Non-Color]にしないと表示がおかしくなるので、ご注意ください。

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像6

これでノーマルマップを平面に適用できました。このままでは模様が大きすぎるので、サイズを変更します。

ノーマルマップのサイズを調整

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像7

[Shift + a]>[ベクトル]>[マッピング]を追加して、[マッピング]の[ベクトル]と、[画像テクスチャ]の[ベクトル]を繋ぎ、[Shift + a]>[入力]>[テクスチャ座標]を追加して、[テクスチャ座標]の[UV]と、[マッピング]の[ベクトル]を繋ぎます。

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像8

あとは[マッピング]の[拡大縮小]の値を調整したら完了です。

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像9

画像テクスチャとノーマルマップを重ねる

同じ要領で画像テクスチャを設定して、サイズを一括で制御することも可能です。(平面にテクスチャを設定する方法はこちら)

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像10

【blender2.81】平面にノーマルマップを設定してサイズを調整する方法の画像9

【blender2.81】ピカチュウをモデリング、アニメーションしてみた一連の流れはこちら

「blender」に関するその他の記事

【blender2.8】objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法のイメージ画像

blender2.81

2020/2/18

【blender2.8】objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法

blender2.8でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、objで書き出してAdobeDimensionに読み込む方法です。 特に難しい操作はないですが、blenderでつくったモデルをAdobeDimensionに読み込んで遊ぶと割と楽しかったので一応記事にしておきます。 blenderでobjを書き出すAdobe Dimensionでobjを読み込む「blender」に関するその他の記事 blenderでobjを書き出す [ファイル]>[エクスポート]>[Wavefront(.obj ...

ReadMore

【blender2.8】パスに沿って走らせる方法(パスアニメーション)のイメージ画像

blender2.81

2020/2/17

【blender2.8】パスに沿って走らせる方法(パスアニメーション)

blender2.8でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、作成したモデルをパスに沿って移動させる方法です。 走る(歩く)アニメーションをつけるアニメーションをループさせるパスに沿って移動させるキーフレーム補間の調整自由な曲線を引く場合「blender」に関するその他の記事 走る(歩く)アニメーションをつける 走るアニメーションをつけたモデルを用意します。Yonaoshi3Dさんの「#10 天使のBlender2.8入門 アニメーションを作ろう!!」を参考に作成しました。この工程も紹介する ...

ReadMore

【blender2.81】モーショントラッキングして実写合成する方法のイメージ画像

blender2.81

2020/2/14

【blender2.8】モーショントラッキングして実写合成する方法

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、モーショントラッキングして実写合成する方法です。 ※上の動画ではピカチュウが走っていますが、この記事ではモーショントラッキングして書き出せる状態にするまでの操作をメモしています。 まずは画面上部のタブから[Motion Tracking]を選択して画面を切り替えます。標準では表示されていないので[+] > [VFX] > [Mothion Tracking]と選択します。 [Mothion Tracking]の画面が ...

ReadMore

【blender2.81】AR用にglTFで書き出す(エクスポートする)方法のイメージ画像

blender2.81

2020/1/21

【blender2.81】AR用にglTFで書き出す(エクスポートする)方法

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、AR用にglTFで書き出す(エクスポートする)方法です。ロゴなどのベクターデータなどをglTFにしたい方は【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法をご参照ください。 AR用にglTFで書き出す(エクスポートする)方法 [ファイル]>[エクスポート]>[glTF2.0(.glb/.gltf)]を選択します。 すると[Blenderファイルビュー]が立ち上がるので、保存するフォルダを選択して、[フォーマット]を ...

ReadMore

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法のイメージ画像

blender2.81 Illustrator

2020/1/21

【blender2.81】aiデータを取り込んで立体にする方法

blender2.81でメモしておきたい操作を記事にして残しています。今回は、aiデータを取り込んで立体にする方法です。 Illustratorでsvg画像を書き出すblenderでインポートするカーブをメッシュにする補足「blender」に関するその他の記事 Illustratorでsvg画像を書き出す まずはIllustratorで[ファイル]>[別名で保存]から、[ファイル形式]を[SVG]にして保存します。 今回はbakuのロゴを使用しました。サンプルデータをアップしているので、必要な方はダウンロ ...

ReadMore

「blender」の記事一覧はこちら

 

  • この記事を書いた人

Ryo Endo

bakuDESIGN+代表。 フリーランスのデザイナー・映像クリエイターとして大阪を中心に活動。

-blender2.81
-,

Copyright© bakuBLOG+ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.